ノミやマダニのほうが危険 | 犬のノミダニ駆除に効果的なフロントラインについて正しく知ろう!

ノミやマダニのほうが危険

カラフルな薬

ペットを飼っている飼い主さんの中には、インターネットの情報を鵜呑みにしてフロントラインを使わずにノミやマダニを予防しようとしている人もいます。
また、そういった人ほどフロントラインの偏った意見を口にしていることが多いですが、こういった意見で述べられているようにフロントラインは危険性が高いノミダニ駆除薬なのでしょうか。
フロントラインは医薬品の一種なので、アレルギーや副作用があらわれてしまう可能性はありますが、その危険性とノミやマダニに寄生される危険性の場合、後者のほうが危険であるといえます。

ノミやマダニがペットに与える被害はとても大きく、ノミの場合だけでも瓜実条虫の危険やノミが原因によるアレルギー性皮膚炎などの危険があります。
また、マダニの場合は危険性がもっと高く、バベシア症やライム病、Q熱など、人間にとっても犬にとっても危険な病気を媒介します。
実際にこれらの病気にかかってしまった場合は治療にも時間とお金がかかってしまいますし、ペットの身体にかかる負担も大きくなってしまいますよね。
フロントラインを使わない方法では、ノミやマダニを完全にペットから守ることは難しい部分が多く、ハーブなどを使ってノミやマダニを遠ざけることはできても、既に寄生しているものにはあまり効果がありません。
これに対し、フロントラインなら既に寄生しているノミやマダニにも効果を発揮するため、確実にペットをノミやマダニの危険から守ることができます。

犬や猫などのペットに与える影響も少なく、副作用も少ないフロントラインは非常に優秀なノミダニ駆除薬の一種です。
インターネットにあるフロントラインに関する情報は偏ったものが多いことを頭に入れ、フロントラインに対する認識を改め、正しくペットのノミやマダニを予防しましょう。